掬う(すくう)。

通信制高校というのは、長いこといわば日陰者の存在に甘んじてきました。 へたをするといまでも、「全日制に行かれなかった生徒たちのたまり場」、「挫折した子どもたちの居場所づくり」などと揶揄される向きもあるかも知れません。 我々は、そうした通信制高校のいわば負の部分を覆し、偏差値による高校・大学選びではなく、「自分のすきなこと」「自分の成りたいもの」を見つける、いわば自分探しの3年間をサポートします。 一対数名の個別的指導、面倒見の良さをモットーとし、コミュニケーション能力を養うためにスクーリングなども開催。 鹿島学園の通信制高校なら、あなたが思い描く高校生活を自分の手でつくることができます。


自分のやりたいことがまだ見つからない人は、じっくりと時間をかけて夢中になれるものを探せばいい。
将来の夢を持っている人は、ゆとりのある時間を夢に近づくために使えばいい。
大学へ進みたい人は、志望校合格をめざして受験勉強に力を集中すればいい・・・
鹿島学園の通信制高校なら、あなたが思い描く高校生活を自分の手でつくることができます。

「鹿島からの風」は、そんな君たちを応援するキャンパスだよりです。
「鹿島からの風」とはどんな風かといえば、「生徒一人ひとりがもっとも輝けるところへ」導く追風となるものです。

おしらせ

最近の記事







注目コンテンツ

公式ブログ

関連リンク