指導方針

                       
 ① 教室は「小さな社会」
 教育アカデミー高等部の各教室は、実社会に出る前の子どもたちの小さな窓口であり、そのまま「小さな社会」でもあると考えています。
 各生徒がお互いのことを認め合い、それぞれが自分らしく過ごせる雰囲気を心がけています。
 ②「好き」から「知る」へ
 好きなこと、得意なことをたくさん持っている人は柔軟な生き方を選ぶことが出来ます。
 型にはまった生き方ではなく、自分の本当にやりたいことが見つけられるように、「好き」なことを増やし、「知りたい」という思いを育てていきます。
 ③「メシが食える大人」へ
 子どもの本当の自立は、自分の稼いだお金で自分が生活できるようになることです。今、君らが勉強しているのも、将来働いて自立していくための基礎固めに他なりません。その意味で、学びながら働くアルバイトも、ご家庭でのお手伝いも、それぞれ自立へのステップとなるでしょう。

おしらせ

公式ブログ